キープインターマネージメント > ROCKY'S EYE > No6    

Rocky's eye No6 「あなたは今幸せですか?」

1930年代の米国を描いた映画「アメリカの時計」をご存知でしょうか?この映画は、黒人靴磨きが主人公に、「ヘイ旦那、何かお勧めの銘柄はあるかい?」 と話しかける場面から始まります。主人公は靴磨きに直ちに株を売るように勧めました。しかし、靴磨きは新聞には株は上がると書いてあるから、全財産をつぎ込んで買い増しするつもりだと話します。

数日後、株価の大暴落により破産に追い込まれた人々が、ビルから飛び降りたり、銀行倒産と取り付け騒ぎが相次いで起こる中、自殺者は急増します。華やかな夜の社交界を賑わせた紳士淑女らの生活は一変して借金取りに追われ、それまでの生活は激変します。これ以上何も失うものはない初めての生活。人々は神に祈りながら毎日家族とささやかな食卓を囲みます。最後にナレーターが「資産や富を失った人々も、アメ リカの復活を祈っていた。そして、仕事はないが、家族が団結し、20世紀で一番充実した時代と言える日々をアメリカ国民は送っていたのかもしれない」と締めくくり終わります。

さて、今から10年前に、NHKドキュメンタリー番組 『あなたはいま幸せですか 地球家族』が放映されました。1992年、米国の写真家のピーター・メンゼルさんが、世界30ヶ国の平均的な家族に、「あなたは今幸せですか」、「あなたが一番大切なものは何ですか」と問いかけ、家の前に並べられた家財道具と家族が一緒に写真に収まった写真集を出版しましたが、その8年後、メンゼルさんが30組の同じ家族と再会し、8年間で増えたものと一緒に再び家族が写真に収まる場面がドキュメンタリー番組として放映されたのです。

一戸建て、アパート、移動式のテント、土で造られた家など、30家族の平均は国によって様々です。西サモアの家族の一番大切なものは「豚」。客をもてなすことができるから・・・。タイのクロンカウェ一家の一番欲しいものは「オートバイ」。どこにでも行けるから・・・。ドイツのシツナー一家の一番大切なものは「バスケッ ト」。 家族の思い出が沢山詰まっているから・・・。アルゼンチンのカルバロ一家の大切なものは結婚式の時にお母さんからもらった「銀の皿」。イタリヤのペリグリン一家の一番大切なものは「家族」。この8年間で増えたものは日本製のテレビ、韓国製のビデオデッキとコードレス電話。キューバのコスタ一家の大切なものも「家族」。

8年間に増えたものはテレビと冷蔵庫。ボスニア・ヘルツェゴビナのデミロビッチ一家の今一番欲しいものは「平和」。8年間で増えたものは子供のオモチャ。東京小平市の宇喜田一家の大切なものは「家族」。写真には1214点の家財道具が前の道に 溢れんばかりにところ狭しと並べられています。8年間で増えたものは923点。これでもできるだけ無駄なものは買わないようにしてきたそうです。母親の一番大切なものは「健康」と「素直に育った子供達」。娘の一番大切なものは「ドコモの携帯電 話」でした。日本では、平均的な家庭が家財道具や身の回りの品物を周期的に、それも計画的に買い換えることができますが、これは世界の平均と比べると大変異常なことだとメンゼルさんは言います。宇喜田一家の一番大切なものも「家族」です。しかし、他の家族の写真はお互いが肩に手を回していたり、キスをしていたり、お父さんの上に子供が乗ったりしながら写真に収まっているにも拘わらず、宇喜田家だけはみんなバラバラに写真に写っていました。

大半の人が五体満足であることや、生きていること自体が当たり前で意識すらしなくなり、平和の為に戦争が繰り返され多くの命が奪われていることに何の疑問も抱かず、 国民の最大の関心事は景気回復(マネー)となってしまいました。日頃から五感だけに頼る健常者は、目の前の現象にばかりに心を奪われ、大自然の大きな営みや、完全無欠の宇宙の法則を心の目で見ることができなくなってしまいました。万物は全て未来に向けてより善くなろうとしています。宇宙の意思は生成発展であり、人間の霊的成長を首を長くして待っています。実は、目の前の全ての現象は必然でベストのタイ ミングで起こっているのです。

映画「アメリカの時計」は、誰しもが最悪の時代と信じて疑わなかった1930年代の大恐慌が、実は20世紀で一番充実していた日々であったことを伝え、物資的に恵まれていることと幸せとは全く関係がないことをメンデルさんの写真集は教えてくれます。今まで経験したことのない時代の洗礼を受けることになる今を、我々の子孫は後に21世紀で最悪の時代と呼ぶのでしょうか。それとも一番充実していた時代と呼ぶのでしょうか。我々はもう逃げることもできないし、逃げる必要もありません。 日本人の生き方が、いよいよ試される時を迎えます。

 

拝 Rocky Tamotsu

 




 



キープインターマネージメント > ROCKY'S EYE > No6  
ページの先頭へ▲

キープインターマネージメント
KeepIntermanagement Inc.

〒160-0011 東京都新宿区若葉1丁目10番地 太洋ビル 5階D
TEL 03-6380-1662  FAX 03-6380-1663
 


Copyright(C) 2006-2014 keepIntermanegement Inc.All right reserverd.